ホーム 企業情報 沿革

沿革

1971年(昭和46年) 12月 乳製品販売輸送を目的とし、朝倉市(旧甘木市)に寺﨑乳商有限会社を設立。
1973年(昭和48年) 6月 一般区域貨物自動車運送事業の許可を受け、本拠地を太宰府市に移し、三友通商有限会社を設立。
12月 三友通商株式会社へ組織変更。
顧客の要望等により、従来の車輌を冷凍・保冷車に切り換えるなど、冷凍・低温輸送専門をめざす。
1977年(昭和52年) 2月 より幅広いサービスを目指し、自動車運送取扱事業の許可を受ける。
1979年(昭和54年) 2月 筑紫野市(現在地)に本社社屋を建設。
1994年(平成6年) 3月 本社旧社屋横に新社屋を建設。
三友グループの中核として、顧客のニーズに応えた着実な輸送サービスをめざし現在に至る。
2000年(平成12年) 12月 GPS搭載車の導入。
2002年(平成14年) 6月 熊本植木要冷センター開設。
7月 大分物流センター開設。
11月 南九州物流センター開設。
2003年(平成15年) 11月 茨城物流センター開設。
2004年(平成16年) 6月 福岡物流センター開設。
2006年(平成18年) 9月 長崎物流センター開設。
2007年(平成19年) 3月 グリーン経営認証取得。
2008年(平成20年) 3月 デジタコ*搭載車両が9割を超える。安全性優良事業所(Gマーク)認定取得。

*デジタコとは、運行記録計の一種で車両の運行にかかる速度・時間等を自動的にメモリーカード等に記録する装置です。事務所の読み取り装置でメモリーカード等を解析することでドライバーが法定速度、休憩時間などを遵守しているかを容易に確認でき、事故防止等の安全管理に用いることができます。

ページの先頭に戻る